デュエブログッス!

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

ガチデッキ!安くて強いデッキを作ろう!3キルバスター!

 

 そろそろお馴染みになりつつある、安いカードで強いデッキを組もう!のシリーズを本日もやっていきましょう。

 

 本日はカー〇キン〇ダムさんの動画でも有名な「3ターンキルドギラゴン剣」のデッキですね!このデッキはマジで強い。そしてドギラゴン剣は頑張って集めてくださいお願いします。というレベルのデッキになっています。

 

 みなさんもうご存知の方も多数と思われますが、それではレシピの解説に移っていきましょう。

 

 

 

■3ターンキルバスター!

f:id:Noyleseevisions:20171210131317j:plain

 

 

 今回は一定の強さを保ちつつ安さを重視して組んでみた構築になっています。こんなレシピなんかじゃねーよボンクラ!という声や、どうやって3キルするんだよ!という声が聞こえそうですが、心配しないでください。できますよ。

 

 

 従来のドギラゴン剣はマナゾーンや手札から≪勝利のアパッチウララー≫などをバトルゾーンに出し、超次元ゾーンから≪勝利のリュウセイカイザー≫を呼んできて6打点つくるという強力な動きですね。しかし、この度はリュウセイカイザーを採用していません。

 

 なぜならお高いからですね(にっこり)

 

 安く組もう!と言ってるのに1枚1000円超えちゃうのはヤバくないかな?と思って避けてしまいました。許してください。今回超次元ゾーンにいるのは、再録してすっかり値段が落ちてしまった≪ガイアール・カイザー≫のみになっています。さて、やっていきましょう。

 

 

 

■2コストスピードアタッカー!

f:id:Noyleseevisions:20171210132157j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171210132201j:plain

風の一号ハムカツマン剣

無頼勇騎タイガ

コスト2/パワー2000

■マナゾーンに置くとき、このカードをタップして置く。

■スピードアタッカー

 

 

 2コストのスピードアタッカーですね。以上!

 

 冗談はさておき、このカードをプレイし、5コストのドラゴンへと革命チェンジいていきます。初手に絶対に持っておきたいカードの2枚ですね。よって8枚マックス採用。終盤にマナや手札から≪蒼き革命ドギラゴン剣≫の能力によって手裏剣のように飛ばすクリーチャーでもあります。

 

 1コストの≪冒険妖精ポレゴン≫や≪凶戦士ブレイズクロー≫ではないのかとよく言われますが、1コストクリーチャーは今引きしても弱いんですよね。終盤にデッキを捲ってスピードアタッカーを引けたほうが強い感じしませんか?そして1コストクリーチャーと2コストスピードアタッカーは攻撃するタイミングは同じですよね。後述する≪次元の霊峰≫を撃てるかどうかの安定性の話もでてきます。今回はドギラゴン剣から飛ばす弾丸としての役割もあるのでこちらを採用しています。

 

 

 

■サーチカード2種!

f:id:Noyleseevisions:20171210133244j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171210133248j:plain

次元の霊峰

コスト2/呪文

■自分の山札を見る。その中から多色クリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

 

ライフプラン・チャージャー

コスト4/呪文

■自分の山札の上から5枚を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に戻す。

■チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く)

 

 

 サーチ呪文2種類ですね。≪次元の霊峰≫は好きな多色クリーチャーを持ってこれるため、5コストのドラゴンを持ってきたり、フィニッシュの≪蒼き団長ドギラゴン剣≫を持ってきたりと万能サーチ気味のカードです。

 

 そしてなぜか2枚採用されている≪ライフプラン・チャージャー≫。本来であればテンポロスチャージャーとしてあまり採用されるイメージはないのですが今回は2枚だけ使います。主な採用理由として、

 

①5コストにスピードアタッカーを生成するカードを採用しているため。

②サーチした手札をすぐに革命チェンジで盤面に変換できるためテンポロスに繋がりづらい。

③5枚目以降の≪次元の霊峰≫として。

 

という理由を今回はあげたいと思います。盾を殴り切って後はトップでスピードアタッカーを投げつければ詰めれるという状態を想定し、後述する5コストのスピードアタッカーを採用しています。手札をマナに置くことなくマナを5まで伸ばすことができ、さらに軽いサーチができるこのカードが優秀だと感じ入れているというわけですね。枠を見つけて≪メガ・マナロック・ドラゴン≫を採用したい人は6まで伸ばすサポートにもなりますね。

 

 

 

 

■5コストのドラゴン!革命チェンジのつなぎ役!

f:id:Noyleseevisions:20171210134639j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171210134644j:plain

二つ星 エビカツ

コスト5/パワー4000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ:火または自然のクリーチャー(自分の火または自然のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
■このクリーチャーは多色ではないクリーチャーに攻撃されない。

 

二族ンババ

コスト5/パワー4500

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ―光または自然のクリーチャー(自分の光または自然のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。

 

 

 コスト5の革命チェンジクリーチャーですね。マナブーストと破壊耐性持ちのカード達です。≪二つ星エビカツ≫はサイズは4000ですが、多色以外のクリーチャーに破壊されないので≪罰怒ブランド≫や≪レッドゾーン≫を相手にしても生き残ることができるのが優秀ですね。

 

 そして≪二族ンババ≫はマナブースト可能なクリーチャー。2ターン目にブーストをし、次の≪ライフプラン・チャージャー≫に繋ぐことができるカードですね。こちらもできるだけ初手に持っておきたいため4枚ずつの採用。計8枚の革命チェンジクリーチャーが入っています。

 

 

 

■コスト5のスピードアタッカーでダイレクトに革命チェンジ!

f:id:Noyleseevisions:20171210135933j:plain

f:id:Noyleseevisions:20171210135937j:plain

 

メガスピア・ドラゴン

コスト5/パワー6000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)

 

 

超次元シューティング・ホール

コスト5/呪文

■相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
■コスト9以下の火のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自分の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)

 

 

 安くて強いカードといえば≪メガスピアドラゴン≫と相場が決まっているんです!(大嘘)。

 

 冗談は抜きにしてこのカード結構強い。コスト5のスピードアタッカーで素でW・ブレイカーを持ち、なおかつドギラゴン剣に革命チェンジすることができます。さらに戻ったメガスピアドラゴンを出せば合計5枚のシールドを破壊することが可能。序盤にタイガなどを捌かれる態勢を作られてしまっても一気に巻き返しを図ることが可能ですね。

 

 

 そして、重要な役割を任されている≪超次元シューティング・ホール≫ですね。単色の呪文である上に相手のブロッカーを破壊することも可能です。ドギラゴン剣のデッキに刺さる≪制御の翼オリオティス≫を主に破壊することを仕事とし、さらに終盤に出てきて軽く蓋をする≪シルバー・ヴォルグ≫なども破壊することが可能です。そして、呪文であるので≪時の鳳凰ミラダンテⅫ≫のコスト7以下の召喚制限を無視してクリーチャーを飛ばすことも可能ですね。

 

 もちろん出すのはこのカード。

 

f:id:Noyleseevisions:20171210141003j:plain

ガイアール・カイザー

コスト8/パワー6000

■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のシールドがブレイクされる時、そのシールドを見る。手札に加えるかわりにそれを自分の墓地に置いてもよい。そうした場合、こうして墓地に置いたカードのいずれかと同じコストのハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

 

 

 再録されたため入手しやすくなりましたね。安ければ100円くらいで買えるのではないでしょうか。1枚7000円くらいした時期もあったんですがねえ・・・。

 

 

 

■今回のフィニッシュ手段の2枚!

f:id:Noyleseevisions:20171210141641j:plain

f:id:Noyleseevisions:20171210141646j:plain

 

蒼き団長ドギラゴン剣

コスト8/パワー13000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ―火または自然のコスト5以上のドラゴン
■自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
■T・ブレイカー
■ファイナル革命ーこのクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストが合計6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを自分のマナゾーンまたは手札から選び、バトルゾーンに出す。 

 

シン・ガイギンガ

コスト7/パワー9000

■革命チェンジ:火のドラゴン(自分の火のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
■バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
■相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後に自分のターンを追加する。 

 

 

 今回の2大フィニッシャーはこちらですね!みんな大好きドギラゴン剣!イーヴィルヒート・・・リンネビーナス・・・リュウセイ・ジ・アースと色んなカードから革命チェンジ可能なスーパーフィニッシャーですね。今回はメガスピアドラゴンを飛ばしたり、2コストのスピードアタッカーを2、3枚散らして飛ばしたりと普段とは違う役割を果たすようです。もはや説明不要ですね。

 

 そしてもう一枚は≪シン・ガイギンガ≫!残念ながらンババからは革命チェンジできませんが火のドラゴンからなら革命チェンジ可能です。相手によって選ばれると追加でターンを行うことができるという恐ろしい能力を持っています!こいつをポンと置いておくだけで処理に困るデッキも中にはあるのでしょうか。破壊してもいいが2ターン連続で動かれてしまう・・・なんてジレンマもあり実質除去耐性のようなカードですね。

 

 しかもこのカードはコロコロコミックの付録ですので、値段があまり高くないのも嬉しい点ですね。

 

 

 

【基本的なデッキの動き】

 

2ターン目:2コストスピードアタッカーを召喚。5コストのンババやエビカツに革命チェンジ!

3ターン目:革命チェンジしたコスト5のドラゴンでドギラゴン剣に革命チェンジ!シールドを全破壊だ!できればダイレクトアタックだ!

 

 

以上。

 

 

 

【まとめ】

 今回はできるだけ安く組むためにほとんど超次元を使わない成長バスターの紹介になりました。お高いカードは一番はやはり≪蒼き団長ドギラゴン剣≫でしょうね。ここだけはメインなので数枚は欲しいところです。しかし最悪1枚でも≪次元の霊峰≫で持ってくることができるので複数枚持ってない!って人でも組んで回してみることはできますよ。そのかわりに≪五郎丸コミュニケーション≫などのサーチカードを増やさなければいけません。

 

 改良案として1コストのクリーチャーを入れたり、全タップ系統の光のS・トリガーを入れたりするのがいいでしょうか。デッキコンセプトが速系統になってしまうので大きな改造は禁物ですが、いじるところはたくさんあります。超次元が充実している方は、≪勝利のアパッチウララー≫なども採用してより強いデッキを目指してみましょう。

 

 

 ドギラゴン剣って今、いくかくらいするんだろ・・・?