0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

だいこんぐとニクジール・ブッシャーの使い道!意外と使えるのかよ。

 

 皆さんはもうご存知かと思われますが、次弾のベリーレア枠もちょこちょこと発表されていますね。今回はそのベリーレア枠の大根とステーキの考察をしていきます。

 

 そもそも大根とステーキってなんだよ、って話なんですが、タカラトミーさんのジョークカードは私は大好きです。通常弾にもネタをぶっこんで来るのが強みなんだよなあとしみじみ(笑)

 

 

■素敵なステーキ!肉汁ブシャー!

f:id:Noyleseevisions:20171130125427j:plain

ニクジール・ブッシャー

コスト6/パワー6000

■コストを支払う代わりに、クリーチャー1体とシールドを1つ、そして手札を1枚を自分の山札の一番下に置いて、このクリーチャーを召喚してもよい。

■W・ブレイカー

 

 

 こいつどうやって使うんだよ!いつ使うんだよ!どこで使うんだよ!と色んな声が飛んできそうですが、本当にいつ使うんでしょうか。踏み倒し能力が強力なので先行1ターン目に着地させてビートに入るのが1番いいかもしれませんね。

 

【先行1ターン目手札5枚】

・マナチャージ(手札-1)

・1コストクリーチャーを召喚(手札-1)

・肉汁ブシャーをコストを支払わずに召喚(手札-2 シールド-1)

 

 先行でパワー6000のW・ブレイカーを作るために手札を4枚も消費しなければならない!マジかよ!そのままS・トリガーを踏まずに走り切れるかどうかがカギになってきますね!

 せめてスピードアタッカーでもついていてくれれば先行で出してそのまま3ターンキル!なんておもしろい芸当ができていたかもしれませんが、それは許されなかったようです。

 

 このプレイはあくまでネタ的な要素が含まれますがもっと建設的に考えるのであればマスターBADと組むのが考えられるでしょう。

 

f:id:Noyleseevisions:20171130130816j:plain

罰怒ブランド

■マスターB・A・D(このクリーチャーを、コストを2少なくし、さらに、このターンに召喚した自分の他の火のクリーチャー1体につき追加で2少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに自分のクリーチャーを1体破壊する。ただし、このクリーチャーのコストは0以下にならない)

■W・ブレイカー
■自分の火のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。

 

 クリーチャーを1体召喚し、さらにその召喚したクリーチャーを踏み倒しの餌にすれば無駄のない展開が可能ですね。手札4枚と最低火が2マナあれば実用可能なコンボですね。

 罰怒ブランドの能力で自分の火のクリーチャーは「スピードアタッカー」を得ているので2ターン目にW・ブレイカーが2体、すべて通れば4枚のシールドを割ることができます!手札の要求値は高いですがべアフガン以上の速さで相手のシールドを割ることができます!

 

 

 

■大根の予想以上の使いやすさ!

f:id:Noyleseevisions:20171130125424j:plain

だいこんぐ

コスト6/パワー6000

■W・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札を好きな数、タップしてマナゾーンに置く。その後、クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンから手札に戻す。

 

 まさかのゴリラの登場ですね。きっと能力、ステータスと脳筋な感じに作られているのでは・・・と思ったのですが、サイズは普通、能力はどちらかというとサポートよりになっている気がします。

 

 バトルゾーンに出た時、自分の手札を好きな枚数マナに埋め、好きな枚数クリーチャーをマナから手札に戻すことができます。ビックマナであれば序盤に埋めたサイクリカを戻すことができますし、手札を大量に埋めて、サイバー・N・ワールドで次のターンに一気にリペアなんてことも可能になるビマナのお供にもなりうるゴリラです。コストが6で手札を使うのでフェアリーシャワーと相性がいいこともグッドです。

 

 コスト6のマナコストの生き物といえばテラネスクがいますね。

 

f:id:Noyleseevisions:20171130132854j:plain

剛撃古龍テラネスク

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から好きな数のクリーチャーを選んで手札に加え、残りをタップしてマナゾーンに置く。

 

 こちらはコマンド・ドラゴンやジャイアントと有名種族を持っており、なおかつ山札を掘り進めることができる能力を持っていますね。さすがスーパーレア。強い。こちらはコスト5以上のドラゴンなので回収した革命チェンジクリーチャーになることもできるので優秀ですね。

 

 しかし、素の打点が1打点しかないことや、多くの手札を有効活用できる点などとだいこんぐテラネスクはしっかりと差別化することができます。テラネスクはスーパーレアなので値段が高いですしね。だいこんぐはベリーレア枠で収録されるので1枚100円程度で落ち着くはずです。安くビックマナを組みたいならだいこんぐがオススメできますね。

 

 

 

【まとめ】

 ベリーレア枠はたくさんパックからでるので、ぶっ壊れた能力を持つカードは出ないのですが、しっかりと使い方を考えてあげればデッキに採用することができますね(採用するとは言ってない)。

 今回の2枚はどちらも一度使ってみたい能力を持っていますね。はずれだと嘆いてしまうかもしれませんが、そのカードを生かすも殺すも使う人次第です!