0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

王盟合体サンダイオー!絶対通す!シールド焼却!

 

 合体ロボって魂熱くするよね!ガンダムとか戦隊シリーズとか1作品も見たことないんだけど!(笑)

 

 というわけで、今回も新情報を見ていきましょうか!今回は主人公の使用するジョーカーズの新切札ですね!王盟合体サンダイオー!読み方は「オメガッタイ サンダイオー」みたいですね!さーてどんな能力になっているんでしょうか! 

 

f:id:Noyleseevisions:20171128123657j:plain

王盟合体サンダイオー

コスト10/パワー9000

■J・O・E3(このクリーチャーを、コストを3少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたたら、カードを1枚引く。)

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

■このクリーチャーの攻撃先を変更できない。

■このクリーチャーがシールドをブレイクする時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが10枚以上あれば、相手はかわりにそのシールドを墓地に置く。

 

 

 コロコロコミックを購読されている方はすでにご存知かもしれませんが、ようやく公式発表されましたね!火文明らしい脳筋カードに仕上がっている感じがなんともいえませんね!

 さてさて、このカードの使い勝手はぱっと見悪そうなんですがどうなんでしょうか、考察していきましょうか。

 

 

■ドでかいサイズのJ・O・E!

 このサイズになってくるとブーストするか踏み倒すかの2択になってきてしまいます。もちろん踏み倒すならこのカードを使いますね!

 

f:id:Noyleseevisions:20171128132224j:plain

メラビート・ザ・ジョニー

コスト7/パワー10000

■スピードアタッカー
■W・ブレイカー
■マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして下に置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。

 

 新しいJOE能力持ちのジョーカーズが登場するたびに間接的に強化されていく主人公ですね!みなさんもそろそろ回収しておきましょう!

 全除去は弱いわけがありませんし、それができなくともドギラゴン剣を彷彿とさせるような踏み倒し効果を持っています。ワンショットも可能な能力ですね。

 今はまだ相性のいいぶっ壊れたカードが登場していないので、限定構築以外での環境で結果を残すことはできていないですが、最終弾に向かうにつれ強力ジョーカーズも増えていきます。

 

■まさかのシールド焼却能力!

 自分のジョーカーズがバトルゾーンとマナゾーンに合計10枚以上あれば、相手のシールドブレイク時にシールドをかわりに墓地に置くことができます。ボルメテウスの系譜ですね。

f:id:Noyleseevisions:20171128134155j:plain

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン

■W・ブレイカー(シールドを攻撃したとき、このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
■このクリーチャーがシールドをブレイクしたとき、相手はそのシールドを持ち主の墓地に置く。

 

 しかし、サンダイオーは縛りが厳しい。バトルゾーンとマナゾーンにジョーカーズが10枚以上存在しなければなりません。JOE3で軽減召喚するとマナにあるカードは7。すべてジョーカーズカードでもバトルゾーンに2枚はジョーカーズは必要ですね。

 さらにヤッタレマンで軽減してしまうとさらにバトルゾーンに要求するジョーカーズの数は多くなります。

  パーリ騎士をプレイすればマナ+1と自分の場のジョーカーズ+1で一気に条件を満たしに行けるので必須カードになりそうですね。

 

■まっすぐ突き進め!攻撃を変更させない!

 ■このクリーチャーの攻撃先を変更できない。

 

 なかなか面白い一文が記載されいますね。攻撃先を変更できないとはどういういみなんでしょうねえ。

 「攻撃先を変更」と聞いて真っ先に思いつくのは、メタリカの攻撃誘導能力ですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20171128135330j:plain

緑知銀フェイウォン

 ■このクリーチャーをアンタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーまたは自分のタップしているクリーチャーに変更してもよい。

 

 このクリーチャーをタップして攻撃先をこのクリーチャーや他のクリーチャーに誘導できる能力ですね。ライバル兼親友兼ラスボスポジションであるキラのカードに対抗するための能力ですね。そしてもう一つ、有名なあの能力も封じることができます

 

 

f:id:Noyleseevisions:20171128140142j:plain

奇石クローツ

■ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)

 

 実はブロッカー能力も攻撃先の変更というテキストになっています。今までのテキストはこうでしたね。

 

■ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃するとき、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してよい。そのあと、その相手クリーチャーとバトルする)

 

 うーん、確かにこっちには攻撃先の変更という一言はありませんね。ということは実質、ブロックされないということになります。ということは実質・ボルメテウス・蒼炎・ドラゴンということになります。さらにもう一つ封じることのできる能力があります。

 

f:id:Noyleseevisions:20171128140746j:plain

デスマッチ・ビートル

■ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)

 

 ガードマンも封じることができるんですね。これはブロックされない能力にはないメリットですね。アンブロッカブルの完全上位互換のような能力を唯一持っているのが王盟合体サンダイオーのようです

 

■まとめ

 重たいコストと無茶な条件を有していますが、その分強力な能力を持っているということですね。これは専用構築を作りたくなりますね!

 火のジョーカーズも小粒揃いになってきました。まだまだ環境で戦えるような速さやフィニッシュ力、守りの硬さ、バランスを完璧に有しているわけではなさそうですが、研究次第で化けるカードプールにはなっていると思います。今のうちに回しておきましょう!