0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

超絶の名シャーロック!墓地退化で環境を破壊!

 

 サイキッククリーチャーを滅ぼした(といわれている)偽りの名シャーロックが超絶アップ×5倍で帰ってきました!(どっかのガチャの謡い文句ですが)

 

 偽りの名(コードネーム)から超絶の名(スーパーネーム)になったシャーロック!どのような能力になっているんでしょうね!

 

f:id:Noyleseevisions:20171019075702j:plain

超絶の名(スーパーネーム)シャーロック

コスト10/パワー23000

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。

■Q・ブレイカー

■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、サイキッククリーチャーとドラグハートをすべて持ち主の超次元ゾーンに戻す。

■相手がこのクリーチャーを選ぶ時、これ選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)

 

 出すのに一苦労。コスト10と大型っぷりを見せつけますが効果は強力。高いパワーライン、シールドを4枚ブレイク、そして相手から選ばれないアンタッチャブル能力とスペックだけで制圧力はバツグンです。

 そして何より採用したい理由は、強力な超次元カードに対する対抗策ですね。バトルゾーンに出た時、超次元クリーチャーとドラグハートを強制的に超次元ゾーンに送り返す除去能力。さらにシャーロックがバトルゾーンにいる限り、超次元のカードはバトルゾーンに出すことができません。まさに対超次元ドラグハートへの最終対抗手段。出すことができればいくつものデッキが機能不全に陥りますね。

 

 では、偽りの名(コードネーム)シャーロックはどのようなカードだったでしょうか。

 

f:id:Noyleseevisions:20171019081721j:plain

偽りの名(コードネーム)シャーロック

コスト10/パワー23000

■マナゾーンに置く時、タップして置く。

■このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、サイキッククリーチャーをすべて破壊する。

■誰も、サイキッククリーチャーをバトルゾーンに出すことができない。

■Q・ブレイカー

■バトルゾーンにあるこのクリーチャーを相手が選ぶとき、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい。)

 

 こちらはサイキッククリーチャーのみですね。E1の時代はまだドラグハートが存在していなかったために超次元への影響は超次元クリーチャーだけでした。ドラグハートの初登場のDS編(ドラゴンサーガ)まではビックマナに1枚採用すれば、いい仕事するやつでしたが、あまり採用を見かけなくなってしまいましたね。

 初期の墓地退化のフィニッシャーなどと活躍の機会もありましたが、もっぱら世紀末と奈落の葬儀人に席を取られています。

 

■超絶の名シャーロック!環境での使い道は!?

 超次元クリーチャーとドラグハートへの強力なメタカードとして機能するシャーロックは墓地退化などで早期に場に出せば環境デッキへの抑止力として力を発揮します。

 

・ハートバーン、閣などを使用するモルトNEXT

・コスト軽減のためにエウル=ブッカを利用する猿ループ

・多彩なドラグハートで攻守を両立するロージアダンテ

・フィニッシュに超次元クリーチャーを使う青黒ハンデス。

・ダイスガロウズのパッケージの使用する青系統のデッキやクローシス剣

・勝利のガイアールを起点として革命チェンジ、侵略をするデッキ。

 

 このあたりのデッキに早期に墓地から退化して出すことができれば、圧倒的優位に立つことができますね。学校男やドルマゲドンのスレイヤー付与の殴り返しにだけは注意しましょう。

 

 逆に、レッドゾーンや、ブランド、成長剣などの超次元を使わない早いデッキに対してはあまり役に立ちません。素直に世紀末ヘヴィ・デス・メタルでフルパンチして盾のクロックに祈りを捧げましょう。

 

 

 

【まとめ】

 十分に墓地退化の一員として戦うことのできるよいカードですね!タカラトミーにしては珍しく?完全上位互換を出してきたように見えますが気のせいでしょうか?

 墓地退化のデッキを組みなおすにはちょうどいいカードになりました。今こそ環境に名乗り上げるときだ!