0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

GP5th in 京都!今回はどんなデッキが上位にあがるか!

f:id:Noyleseevisions:20171013111714j:plain
 

 GPに赴かず、キーボードを叩いているのはおかしいとおもいます(名推理)

 というわけで本日はGPにいそうなデッキを眺めて(解説して)気分を紛らわせましょう!

 

 有力デッキ紹介と行きましょう!

 

 

 

 

■モルトNEXT

f:id:Noyleseevisions:20171014101126j:plain

 有力候補ですね!強いドラゴンを詰め込んで上からカードを叩きつける暴れデッキですね!

 モルトNEXTのワンキル性能。マグマの対アグロ性能。スクチェンからの無敗の速さを誇るムーブ。NEXTハートバーンチェンジバスタージアースの動きは盤面を無理やり突破し捌ききれない打点を押し付ける。デッキによっては豊富なS・トリガーと死角のない性能になっていますね。

 

■白緑メタリカ

f:id:Noyleseevisions:20171014104000j:plain

 一番隊クリスタと龍装者バーナインのエンジンを用いて盤面にカードを並べますが、それをベイBジャックでマナとして使うというなんとも発想の勝利といったデッキ。

 攻守の天秤が、自分のクリーチャーをすべてアンタップできるため、盤面限定の3コスト疑似ボルバルザーク・エクスとしてソリティアを始めます。

 回り始める前にエンジンたちを破壊するか、先に殴り切ることができなければ、長い長い相手の展開を見ることになります。注意。

 

■青黒ハンデス

f:id:Noyleseevisions:20171014104524j:plain

 日々進化を続け、淡々と研鑽を積む、デュエルマスターズの代表コントロールデッキ、今は青黒ハンデスとして環境で結果を残しています。

 光が入って、オリオティス系統や天使と悪魔の墳墓などが入ったドロマーカラーもありますが、今グランプリではどのような構築で暴れているか気になりますね!

 除去性能、打点の大きさが目立つ、S級不死デッドゾーンがいい味だしていますね!

 ストームフィニッシュ、ヴォルグでの山破壊、デッドゾーンでの殴り切りと相手によって勝ちプランを変えるデッキです!

 

■赤青速攻系統

f:id:Noyleseevisions:20171014105115j:plain

f:id:Noyleseevisions:20171014105120j:plain

 強力な踏み倒しメタカードであるオニカマスを投入し、先に殴り切るデッキタイプ2種ですね!

 先に速さで殴り切るバイク(レッドゾーン)は打点の大きさ、盾クロックのリスクにによる押し付け、サイバーダイスベガス、自分の封印などの守り札を剥がす落城の計などと対応札も入っているのは特殊ですね。

 

 単騎ラフルル要素を無駄なく積むことが可能な赤青ブランド。4マナ赤2あれば単騎ナインブランドで一気に打点を作り、盤面に残ったワルスラやグレンニャーをラフルルにチェンジし、息の根を止める。

 

 どちらも早い段階で主張を押し付けるタイプですね。

 

■ドロマーロージア

 

f:id:Noyleseevisions:20171014114648j:plain

 ロージアダンテのドロマーカラー型ですね。Ⅻの制圧力とバックの対応力で押し殺すデッキになっています。Ⅻ型のデッキは最近、佐助バイケン、ダイスガロウズのパッケージが多いですが、この型もまだまだ存在が確認できます。

 Ⅻが一度回ってしまえばデッキによればゲームエンドになってしまうので、ビートに間に合うかどうかの勝負になってきますね。

 多彩なバックとハンデス札でゲームテンポを握りきるデッキ。

 

 

 

 

【まとめ】

 私の好きなランデスサイクリカと湧水鯱はどのくらい存在するかなあ・・・。