0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

無双と竜機の伝説。禁止カード史上最強のボルバルザークの過去変遷。

 何度もリメイクされたボルバルザークも遂に呪文になるときがきましたか。

 テンションは爆上げ、感傷なんかはまったくありませんが強そうな能力にボルテージはマックスですね!もう早く考察させてください!(しろよ!)

 

 ではでは!解説していきしょう!あの蘇りし伝説を!

 

f:id:Noyleseevisions:20171009115234j:plain

 

無双と竜機の伝説

コスト7/呪文

■マナゾーンに置くとき、このカードをタップしておく。

■パワー6000のクリーチャーをすべて破壊する。

■このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

■追加ターンにこの呪文を唱えることができない。

 

 デュエルマスターズを長くやっている古参プレイヤーの方は懐かしむ(嫌になる)ことができるような能力に仕上がっております!

 今回はこの真剣カードの考察、というよりボルバルザークの歴史を中心に見ていくことにいたします。これでみんなもボルバルマスター(ズ)!

 

 

 

 

■無双竜機ボルバルザーク

f:id:Noyleseevisions:20171010091123j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171010091127j:plain

 

 第10弾の聖拳編の第1弾で登場した無双竜機ボルバルザーク。はじめてレインボークリーチャーが登場したエキスパンションでもあります。このカードを使ったことがある人は、もういい大人になってしまっていますね。もしくはもしく殿堂0デュエルで使用されたことがあるかもしれません。

 

 大雑把に説明するとこんな能力です。

 

 

■場に出たらパワー6000の他のクリーチャーをすべて破壊。その後、自分のターンをもう一度。そのターンの終わりに自分はゲームに負ける。

■スピードアタッカー

■W・ブレイカー

 

 

 パワー6000のクリーチャーを破壊、に違和感覚えますが、現在プレミアム殿堂でS・トリガーを使用不可能にする凶悪クリーチャーである呪紋の化身を自分の場から消さなければいけなかったという危機感があったのかもしれませんね。

 

 

 そしてなんといっても追加でターンをもう一度行うことができるという能力。現在では熱血星龍ガイギンガ勝利宣言鬼丸「覇などの数枚しか持っていない(というか持ってはいけない)凶悪な能力を兼ね備えていました。

 

f:id:Noyleseevisions:20171010093847j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171010093836j:plain

 

 

 追加ターンのせいで、ブロックしてもこちらのカードはアンタップせず相手がもう一回行動できるのは理不尽極まりなく、完全にマグロ状態でS・トリガーをお祈りするくらいしかできませんでした。(それも追加ターンに呪紋の化身を出されることが捌かれていたわけですが)

 

 そして、強力な追加ターン獲得についてきた重すぎるデメリット

 

 ゲームの敗北。

 

 なんといってもこれがまずかった。

 こちらの意思がなんであろうと、相手に出された瞬間、2ターン動かれ、こちらが負けるか相手が勝手に負けるか。こんなに虚無感しか残らないゲームは本当にやったことがありません。本来の相手にダイレクトアタックを決めるという動作をせず、こちらがS・トリガーやブロッカーで耐えれば勝ちになる。

 

 私もまだテンプレデッキなんて作れない子供時代でしたが、出された瞬間の終わった感と切り札を出せずゲームの終わった感にちょっとだけ不満がありました。一部ではボルバルザーク禁止への署名活動なんかもあったそうです。

 

 ボルバルザークが禁止になったのはそこから2年近く経った頃でした。それまでに殿堂にかかったり、皆さんのよく聞くボルバルブルー除去ボルバルなんて言葉も登場しますが、それはまた別のお話で。

 

 

 

■連続攻撃!ボルバルザーク・紫電・ドラゴン!

 プレミアム殿堂になり、そこからボルバルザークと名のついているカードは複数枚登場しました。ボルバルザークの意思を継ぐ切り札カードとしてデッキの強い味方になってくれています。

 

f:id:Noyleseevisions:20171010094942j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171010094946j:plain

 

 この2体は戦国編で登場したボルバルザークですね。追加ターンこそありませんが、2回攻撃という形で追加ターンを表現するフィニッシュカードでした。(2回攻撃はメタル・カオス・ドラゴンが初です。)

 

 紫電ドラゴンはスピードアタッカーこそ持っていませんが、侍流ジェネレートを持っていることで、手札からクロスギアを場に出せる能力を持っています。ザンゲキマッハアーマーやスカイジェットを使用すると、すぐさま攻撃できるフィニッシュカードとして活躍できます。

 

 またスピードアタッカー付与、クロスギアサーチの2つを持つ、ボルット・紫朗・バルットはデザイナーズコンボとして強力なシナジーを形成しました。

 

 水のボルバルザーク紫電ドラゴンは一度目のタップでアンタップすることができ、2回攻撃、1度の攻撃で次のブロック準備、そしてブロック2回と幅広い対応力も持っています。使用者の腕、プレイ、デッキ構築の見せ所の一つとなるカードですね。

 

 

 

■疑似追加ターン!ボルバルザークの力!

 記憶に新しいところでもボルバルザークは登場しています。(記憶に新しいとかいうと老害とか言われるぞ!)キング・ボルバルザークボルバルザーク・エクスですね。

 

f:id:Noyleseevisions:20171010100944j:plain
f:id:Noyleseevisions:20171010100949j:plain

 

 ボルバルザーク・エクスは自分のマナゾーンのカードをすべてアンタップ状態にするスピードアタッカーですね。実質ノーコストでスピードアタッカーのW・ブレイカーを準備できること、ブーストをした後に出すことでマナを一気に伸ばし、プレイするカードの幅を増やすことができることと、ビックマナ系統のお供になるカードでしたね。

 初登場は勝太のフルホイルパックで、当時キリコ系統のデッキに採用されていたことから値段が大変なことになっていましたね。

 マナをすべてアンタップ状態にすることで、ボルバルザークの追加ターンを彷彿とさせてくれました。

 

 キング・ボルバルザークはデュエデミーパックに収録されたボルバルザークです。攻撃後に自分の場のドラゴンをすべてデッキに戻すことで追加ターンを得ることができる、最もボルバルザークらしい効果といっても過言ではありません。

 しかしリスクも絶大で、攻撃後に場に残っていること、他に自分のドラゴンがいればクリーチャーすべてをデッキに戻さなければいけないという大きなデメリットも抱えています。そのためかあまり活躍している場を見たことがないのが残念ですね。

 

 

 

 

【まとめ】

 新カードの考察だと思っていた方は申し訳ありません。その記事はまた後日に回させていただきます。

 

 なぜ、ボルバルザークの過去なんてことを記事にしたかというと、新カードをプレイする際にどんなカードが知っておいてほしかったからですね。純粋に昔からデュエルマスターズで遊んでいたプレイヤーの思い出があるカードでしょう。カードゲーム禁止カードについての話をするときは、必ず話題になるといっても過言ではないカードでもあります。

 

 ボルバルザークの強さを再認識、または思い出すための記事になりました。