0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

黒緑グスタフ・アルブサール!ライブラリアウト!

 

発売前からループが可能と言われていたグスタフ・アルブサール。

 

実際発売されてからループしてみた人はいますか!?

まずグスタフ・アルブサールってなんだよ!って人にさらっと説明フェイズ。

 

今回の記事はグスタフループの手順説明記事ではありません。ご注意ください!

 

f:id:Noyleseevisions:20170928102843j:plain

 

グスタフ・アルブサール

コスト8/パワー11000

■NEO進化:自分の闇のクリーチャー

■W・ブレイカー

■キズナプラス:進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

 

 

 キズナプラスの説明は今更いいですよね!簡単に省略してしまいました!キズナの力で墓地からクリーチャーが連鎖していきます!

 

 ファンデッキの墓場にしていきたいので、ループはさせたくないのですがしょうがない。ちょっとだけ解説していきましょう。

f:id:Noyleseevisions:20170928103447j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928102843j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928103456j:plain

 

 

 

 

■デッキ構築

f:id:Noyleseevisions:20170928104606j:plain

 今回は黒緑の色でグスタフ・アルブサールの構築にすることに決定。理由としては最近のデュエルマスターズが高速化しているためそれに少しでも追い付いていくためにブーストが必須と感じたからですね。

 

 闇マナ武装7の呪英雄ウラミハデスの効果を早めに使うためにブーストしていく寸法ですね。では採用理由を少し書いていきましょう。

 

 

 

■初動の確保

f:id:Noyleseevisions:20170928105012j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928104955j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928105144j:plain

 

 大切なブーストの確保ですね。一歩でも早くコンボに繋げるために確実に初動で引きたいカード達ですね。がっつり10枚搭載しています。なぜフェアリーライフが採用されていないかというと、この3枚のカードは墓地を触ることができるためですね。ダークライフとステップルはある程度墓地に落とすカードを選ぶことのできるカードですので終盤まで腐ることなく動くことができます。

 

 ボーンおどりチャージャーはコストが3と重いことと、役割としては上述2枚の予備として。チャージャーなので天使と悪魔の墳墓に弱いという欠点を少しでも緩和するために2枚だけ採用。

 

 

 

■ブーストから動くカード。

f:id:Noyleseevisions:20170928105845j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928105950j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928105954j:plain

 

 ブーストから繋がる安定剤達。先行で積極的に解体人形ジェニーをプレイできると相手の流れを読み取り、大幅にテンポを奪うことができます。相手のドローソースやブーストカードを引っこ抜いて動きにくくしておきましょう!

 

 ホネンビーとギャリベータは手札と墓地を整えることが可能なカードです。ホネンビーは後述する地獄門デスゲートと好相性なため入れておきたいカードですね。ギャリベータは高価格の人気カードですので、正直いらない気がします(笑)。

 

 

 

■フィニッシュカード!山を削れ!

f:id:Noyleseevisions:20170928103447j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928102843j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928103456j:plain

 

 このデッキのフィニッシャー達です。このカードを墓地に置くことが目的になっています。このセットからグスタフアルブサールとザビ・ミラが2体ずつ墓地に存在し、手札からマナ武装達成済の呪英雄ウラミハデスをプレイすることで無限に山札を削るコンボに発展します。

 

 「グスタフ・アルブサール ループ」なんかでググればどんな手順でループが可能か検索に出てくるのでそちらでご確認ください。

 

 

 

 

■守り札も、勿論必要なパーツ。

f:id:Noyleseevisions:20170928112201j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928105950j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928112325j:plain

 

 現代デュエルマスターズは単騎ラフルルなどで完全に蓋をして攻めたり、山を削りにきたり、ループをします。しかしバックは必要になりますね。このデッキの守りの要は光牙忍ハヤブサマルになります。説教的にハヤブサマル使ってハヤブサマルを墓地に落としていきましょう。地獄門デスゲートからホネンビーを蘇生し、ハヤブサマルを回収などと強い動きをすることも可能です。

 

 しかし、ハヤブサマルも殿堂カードですのでなかなか毎試合引くことができません。しかしサーチカードももちろん採用しております。

 

f:id:Noyleseevisions:20170928112806j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928112802j:plain

 

 3ターン目に解体人形などをサーチしたり、トリガーとしてハヤブサマルを手札に持ってくることもできます。終盤に呪英雄ウラミハデスをサーチしたり、山札を確認することで間接的にシールドをチェックすることも可能です。ブーストしていくデッキなので、サーチからそのまま召喚までつながることもありますね。カードの効果は同じですが、これも天使と悪魔の墳墓に引っ掛からないため1枚ずつ採用しております。

 

 

 

■他の1枚しか入れていないカード

f:id:Noyleseevisions:20170924094412j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170928113354j:plain

 

 この2種は1枚ずつしか入れておりません。復讐ブラックサイコはコマンド侵略の強力な2ハンデス持ちのカードです。採用している超次元フェアリーホールから出る勝利のガイアールに乗っけるもあり、4ターン目にだした解体人形ジェニーの上に進化するのもありと器用な動きが可能ですね。 

 3ターン目に前述のサーチカードでブラックサイコをサーチし、解体人形ジェニー→ブラックサイコと動けば合計3ハンデスになります。解体人形ジェニーで相手の手札を把握できているので、マッドネスクリーチャーの確認ができているのもいいですね。

 

 そして、古代楽園モアイランドも1枚だけ採用しております。このカードはサブフィニッシュカードですね。

 相手の山札を削れない状態、かの有名な、悠久のフォーエバープリンセスなどの採用で相手の山札を削ることができないと判明した場合は、このカードをグスタフ・アルブサールから蘇生し殴り切るプランに移行します。悠久の採用デッキはヴォルグサンダー対策として呪文多めのデッキに入っていることが多いので、そのデッキの根幹の呪文を封じるために採用しております。

 

 

 

 

【まとめ】

 ループできても結果出さないといけないだろ!お前の構築なんて参考にしねえよ!なんて心にもない言葉が飛んできそうですが・・・へこたれませんよ!

 

 閑話休題・・・。

 

 グスタフ・アルブサールは、闇単、水闇構築と色んな形にできそうですね。みなさんも研究していきましょう!グスタフ・アルブサールでライブラリアウト!