0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

メラ冒険!新型ヘルボロフ考察教室≪戒王の封編≫

 

 メラ冒険!に新規で封入されるカードでヘルボロフが強化されるかもしれないという熱い展開が待っていましたね!

 

 今回は≪戒王の封≫という呪文についてまとめてみます。

 新しく出る蘇生呪文ですね。

 

 どんな効果かおさらいがてら行きましょう

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170908130032j:plain

 

 

戒王の封(スカルベント・ガデス)

 

コスト6/呪文

■スーパー・S・トリガー(この呪文が自分のシールドゾーンから手札に加わる時、コストを支払わず唱えてよい。その時、自分のシールドが1つもなければこの呪文にS能力を与える)

■闇のコスト8以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

S:相手のクリーチャーを2体まで破壊する。

 

 

 

シールドトリガーですが防御札とは考えづらい蘇生カード。

除去がつくのはスーパーSトリガーの時のみですね。

 

メインが8コスト以下のクリーチャーを蘇生できるという点。

6コスト呪文で8コストまで蘇生できるSトリガーという点が重要ですね。

 

では今回はこの点について少々考察を。

 

 

 

 

■1ターン早くヘルボロフを着地可能。

f:id:Noyleseevisions:20170911003200j:plain
f:id:Noyleseevisions:20170911003156j:plain

 

 これまではニンジャリバンで、グリーネを設置し、1ブーストしたあとにヘルボロフに繋げることで1ターン早く、ウェルカムヘルの設置ができていました。しかし戒王の封の登場により、新しく6ターン目にヘルボルフをバトルゾーンに出す方法ができたということですね。

 

 ニンジャリバン→ヘルボルフの動きは、ウェルカムヘルの攻撃時下のドラグナーの攻撃時能力をラグ無しで使うことができました。盤面0からヘルボロフ+ウェルカムヘルで墓地にニンジャリバンがいれば強力な動きができますが、戒王の封を使う場合は、盤面にドラグナーがいない可能性があるので弱く感じるかもしれません。墓地を事前に準することがより重要になりますね。

 

 

 

■早い相手の攻撃に対してカウンター

f:id:Noyleseevisions:20170912113045j:plain

 

 これまで、ヘルボロフを蘇生することが可能なSトリガーはインフェルノサイン1枚でした。しかも殿堂カードなので積める枚数は1枚。早いデッキに対しての対応はブロッカーとSTでの除去だけだったと思われます。

 

 その蘇生可能Sトリガーが4枚増量されることになります。シールドに入っている可能性がぐっと上がりますね。早いデッキに対してうまく序盤にヘルボロフを墓地に準備しておけば戒王の封1枚でヘルボロフ+ウェルカムヘルが着地し、一気に盤面をひっくり返せる可能性が出てきます。

 

 ターンが返れば、ヘルボロフで殴り返しながら、墓地からブロッカーなどを蘇生、ニンジャリバンがいれば、その数だけ殴り返し打点が増えることになります。もしその時点で4体のクリーチャーを準備できればデスゴロスに龍解し、さらに盤面除去できます。

 

 

 

【まとめ】

 黒単ドラグナーの再来!となる環境を楽しみにしています!(他人まかせ)。一度、着地してしまえば、どんどん横に広がるウェルカムヘル。手札の切れた早いデッキに対してヴェイダーやホネンビーなどのブロッカーを横に広げて切らしにいくことができるのが偉い!

 

 現状、受けるデッキに対して、単騎ラフルルやメメント守神宮などと無理やりこじ開けて主張を押し通すデッキが多く存在しますが、それをハンデスで補えるならば強いです。昔、黒単ドラグナーを愛用されていた方はぜひ再構築してみてください!