0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

おや?ジョーカーズの様子が・・・多様化するデッキタイプ!ケシカス君も!?

 

f:id:Noyleseevisions:20170902101344j:plain

 

 

最近、ジョーカーズについてしか興味がなくなりつつある(迫真)

 

 

火文明ジョーカーズもいいですが、初代無色ジョーカーズもまだまだいい味だしていますね。

 

 

もともとが白で、色んな色に派生していく流れは

 

ゾイド新世紀スラッシュゼロを思い出すんですが、共感してくれる人はいるんでしょうかねえ・・・?

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170902101213j:plain

 

 

 

 

 

という雑談はさておき、(書いている記事が雑記だとか言わない)

今回は無色ジョーカーズについてのお話ですね。

 

ナッシングゼロフルパンマン、ことジョーカーズです。

そんな突っ走れジョーカーズ!みたいなデッキですが、少々変化をしているようです。

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170902101711j:plain

 

 

 

???「俺様の活躍のおかげだな!」

 

 

 

 

 

少々、癪に障りますが、お前様です。貴様です。

 

ケシカス君です。

 

 

こちらの採用ができるように。

 

f:id:Noyleseevisions:20170902101921j:plain

 

 

 

コロコロコミック9月号(2017)に付録としてついたジョーカーズですね!

 

■相手のバトルゾーンに出てトリガーする能力が発動する時、「ノーン!!」と叫びながらこのクリーチャーを破壊してもよい。そうしたらそのクリーチャーの能力はトリガーしない。

 

 

このクリーチャーがバトルゾーンに出た時~なんかで始まる効果を無効化できるというなんと無茶苦茶な能力。

 

 

ラフルルも、プチョヘンザも、モルトNEXTも無効化!

 

ケシカス君を破壊すれば、相手のCIP効果を無効化できると・・・(笑)

これは悪いことができそうですねえ・・・。

 

 

このカードが登場したことにより、若干コントロールよりに動くこともできるようになりましたね。

 

ニヤリーゲットにドローソースを依存するコントロールって・・・と思うんですが、それを解消するカードも実はちょっと前に収録されていました。

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170902103002j:plain

 

 

■場に出た時に、自分のバトルゾーンにあるジョーカーズ1枚につき、1ドローしてもよい。

 

 

場に出た時に、自分も場のジョーカーズを数えて、その分ドロー。

しかも自分を数えることもできるしっかり者。

 

口寄せの化身が文句を言っていますね!

 

 

 

ジョーカーズであれば3~4枚のドローが見込める強いやつ。

そのドローでニヤリーゲットがあれば・・・?

 

 

爆アドで手札をゲット。こちらの戦略を練ってニヤリー。

幸せになるのは自分だけ、相手は顔には冷や汗だけ。

 

 

ケシカス、ヘリコプ太ともにコスト5で重そうに見えますが、ヤッタレマン、パーリ騎士となんだかんだで出すことは可能。

 

横に並べた分だけドローできるので、ちょっと無理に展開してもすぐにリソースはかえってきますね。

 

 

 

 

 

そして、限定構築でよく採用が見られたこのカード。

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170902104015j:plain

 

 

バトルゾーンのカードを1枚引っぺがす呪文ですね。

 

 

効果シンプルすぎない?

弱くない?大丈夫!?

 

 

って感想の方もいらっしゃると思います。

私も最初はそんな過少評価でした。

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170902104507j:plain

 

 

こいつをどうにかしなければ、ビートデッキに未来はない(迫真)

ガロウズガンヴィート、テック団の破壊GOなんかの強力パッケージを備えるデッキにはこのカードを撃ちぬく対策は必要ですね。

 

 

 

 

 

 

限定構築で猛威を振るったムカデを除去できるのもヘッドショットのいいところですね

 

f:id:Noyleseevisions:20170902104950j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

先に殴って勝てばいいんだろう!速さが足りねえ!トリガーは知らねえ!というジョーカーズもいれば、確実な展開と妨害を搭載したジョーカーズも存在するということですね。

 

もうちょっと早く記事にしたかったんですが、なんだかんだで情報の連打で、先延ばしになってしまいましたね。

 

 

余談ですが、2017年9月上旬、ケシキングが市場から姿を消しているみたいですねえ・・・高騰する予感でしょうか・・・。