0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

デッキ名の最初につく、謎の名前のお話。シータカラーってなんだよ。デッキのカラー!

 

f:id:Noyleseevisions:20170811120410j:plain

 

 

 

 

 

デュエルマスターズのサイトをみてデッキを調べたりするとこんな言葉が出てきませんか?

 

 

・ネクラバルカ

 

・シータラムダ

 

 

 

コンナカタカナノナラビミテモわかりませーン!

 

って方もいると思います!(というか最初は絶対わかんねえ!)

 

 

 

 

というわかけで!

 

今回は(も)!

 

3色の呼び方講座の後編!

 

 

 

前回が前編だったんだ!実は!

 

 

前回の記事はこちらからまずチェック!

 

www.noyleseevisions.site

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・デイガカラー

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811112733j:plain

 

光を中心に、火、闇の3色で構成されたデッキタイプ

 

あまり見かけない色合いになりますね。

火、闇の破壊効果+光の堅実な守りといったイメージ。

 

相手の戦略を妨害するカードを多めに積む場合が多い。

火、闇+光の強力STといった、構築のほうをよく見るか。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811115742j:plain

 

 

 

語源は“デイガボルバー”から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・シータカラー

 

f:id:Noyleseevisions:20170811113252j:plain

 

水を中心に火、自然の3色で構成されるデッキタイプ。

 

主に安定したビートに使われる。

水のドローソースを中心に、火、自然のビート獣をばら撒き殴る。

 

 

シータラムダ、マルコビートなどによく見られた特徴だ。

 

f:id:Noyleseevisions:20170811120145j:plain

 

 

語源は“シータボルバー”から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ネクラカラー

 

f:id:Noyleseevisions:20170811113834j:plain

 

 

闇を中心に、自然、光の3色で構成されたデッキタイプ。

 

 

こちらも有名なデッキタイプとしては、ネクラバルカディアス、ネクラガーディアン、アシッドなど、現在ではあま見られなくなったデッキタイプが多い。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811120050j:plain

 

語源は“ネクラボルバー”から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ラッカカラー

 

f:id:Noyleseevisions:20170811114336j:plain

 

火を中心に、光、水の3色で構成されるデッキタイプ。

 

火と光の攻防のバランスの取れた構築に、水のドローソースを加え、柔軟戦える構築になる。

 

現在ではあまり見かけない色の組み合わせではある。一番近いのは赤青レッドゾーンtホーリーが一番記憶に新しいか・・・?

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811115935j:plain

 

 

語源は“ラッカボルバー”から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・アナカラー

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811114835j:plain

 

自然を中心に、水、闇の3色で構成されたデッキタイプ。

 

アナカラー廃車、アナカラー超次元など、記憶に新しいデッキタイプがいくつかある。(といってもアナカラー超次元は5年以上も前だが)

 

ブースト、ドローソースに枠を取られる構築にはなってしまうが、闇の妨害があるため粘り強く戦うことができる。闇の強力なフィニッシャーが登場すると注目されるデッキタイプである。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170811115836j:plain

 

 

語源は“アナボルバー”から。

 

 

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

どうだったでしょうか?あなたの好きな色の組み合わせはありましたか?

 

私は嫁カードがシャチホコカイザーなので、デイガカラーが一番好きですね!

 

 

このような色の組み合わせの名前は、必要不可欠ではありません。

 

 

 

わかりづらい!

 

 

 

といわれたら、素直に文明を言うか、説明してあげるようにしてください。

 

 

デュエルマスターズがちょっと楽しくなったかな?