0から始めるカードショップ育成計画

デュエマをこよなくファンデッカーのケースケです!有益なことから無害なことまで。

【番外編】殿堂発表2017/6/24

みなさん、おはようございますこんにちわ。デュエルマスターズカードショップ【DKProject】のケースケです。

 

ちょっとおまけの番外編

本日の殿堂発表について。

 

手っ取り早く6種類の名前だけ。

 

スクランブルチェンジ

・アラゴトムスビ

・S級原始 サンマッド

・大勇者「鎖風車」

・魔龍バベルギヌス

・目的不明の作戦

 

以上、計6枚です。

 

 

 

では、1枚ずつわかりきった解説をしていきます。

効果説明は省かせていただきます。ご了承ください。

 

 

 


f:id:Noyleseevisions:20170624154539j:image

 まずはスクランブルチェンジ。GP3rd直前に発売した「世界は0だ‼ブラックアウト」に収録し、DMPを阿鼻叫喚に陥れた1枚。直前にフェアリーギフトを殿堂入りさせた矢先のサポートカード。NEXT成熟期には当たり前のように4枚採用される。メンデル2ブーストからNEXT、マナロックが走ってくるのは圧巻の一言。NEXTとは好相性で、閣の建築からラグ無しで殴りにくる化け物と変化させる。公式のじゃんけん大会のプロモカードとなりデッキレートが跳ね上がった。採用が1枚となり、理不尽さが減っただけマシというレベル。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170624155530j:plain

 

次にS級原始サンマッド。お茶→秋刀魚とかいう美味しそうな並びだが強襲してくるナチュラルトラップと3打点。さらにデメリットとしてデザインされたであろう強制効果マナ送りは相手にクリーチャーがいなければ自分の場から選ばなければならない。これが仇となってループのキーパーツとして重宝されることとなる猿ループにおいて重要なカードとなる。複数場に並べることでお手軽3打点を形成し、ループできずとも圧倒的打点数で押し切ることが可能。殴れる、ループできる、除去できるといたせり尽くせりのテキストをもらい環境で暴れた。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170624160553j:plain

 

 次にアラゴト・ムスビ。アラゴト2枚で3コスト軽減下で無限ループ。無限にマナゾーンのカードがタップして増え続ける。猿ループのエンジン的存在。とりあえず無限ブーストしてマナにパーツ揃えてから動いていこうという鉄の意志を感じる。ベイBがいると無限にマナがアンタップ状態で増えるとかいうよくわからない挙動を始める。マナに埋めておけば自分の場のクリーチャーを任意でバウンス可能とかいうインチキムーブを始める。そもそも軽減状態を簡単に素早く作れてしまうことが最大の問題なのではと?思うところもあるがタカラトミーの裁量に文句はつけられない。

 

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170624161227j:plain

 

 今回の被害者1号である大勇者「鎖風車」。聖拳編で登場したが使ったマナが全て手札に帰ってしまうというデメリットを持ち、バリューを与えられた存在だった。しかし10年以上の時を経て立場は一転。マナから手札へパーツを回収できるという立場で脚光を浴びる。超ブラックボックスパックにも無事採録を果たし日の目を浴びる。このカード自体ではなく周りが強かったため名誉の殿堂を受けてしまった。喜ばしくも悲しいカード。

 

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170624161817j:plain

 

 終わりが近づいてきました。目的不明の作戦。牛耳郎の作ったビッグマグナム。龍素知新にSTがついただけの存在。墓地から7コスト以下の呪文を唱えることが可能。主な採用もとはジャスティスループである。皮肉にもデュエロウがループし、牛ちゃんもさぞご満悦だっただろう。龍素知新のほうがコストが軽く使いやすいイメージがあるが、STがついていることが問題点。ループ始動時、ブライゼナーガの暴発確立を上昇させ、ループパーツの量増しとなった。タカラトミーのループ嫌いは承知していたため、いつかかかる覚悟はしていたが、ここにきて名誉の殿堂。

 

 

f:id:Noyleseevisions:20170624162503j:plain

 

 最後に魔龍バベルギヌスバッシュギヌスという座ってるだけロックを成立させるための必須カード。7マナ支払えば墓地から好きな進化ではないクリーチャーをリアニメイトできる便利クリーチャー。さらには自分の場のクリーチャーを破壊してもう一度だす生きたフォースアゲインの役目や、相手の強力なクリーチャーをウィニーに変換できる便利除去として柔軟に活躍できる。今回の殿堂で名誉をいただいたわけだが、確実にバッシュが悪い。龍墓地バッシュギヌスドミティウスロマノフループなど多くのデッキの核として活躍した。

 

 

 

 

 以上で今回の殿堂カードの紹介は終わりとする。猿ループの半壊、NEXTも遅くなった。もちろんリペアが効くだろう。多くのDMPの研鑽が期待されるところである。

 

 次回環境は7月8日から殿堂施行される。NEXT、ジョーカーズ、ロージアダンテ、墓地ソース、廃車、バイク、ドギラゴン剣各種、ドロマー系統、サザンなどが既存のデッキとして王座奪還を狙う。新弾からもビートジョッキー、メタリカその他新種族も充分なスペックを引っ提げて乗り込んでくることであろう。相変わらず混沌としたカードゲームとして楽しんでいこう。

 

 

デュエルマスターズカードショップ【DKProject】のケースケでした!

18時から動画もアップロードされるからそっちもよろしく!

もちろん店のほうものぞいてくれよな!

 

 

dkproject.official.ec

 

 

www.youtube.com